どんな種類がある? | じんましん(蕁麻疹)@情報館[原因・治療・対策・子供のじんましんなら]

じんましん基礎知識

どんな種類がある?

じんましんは、いくつかの種類に分けられます。色々な原因があるといわれているじんましんは、これらの原因によっていくつかの症状に分かれますので、まずはこれによっていくつかの種類を分けることができます。

なんといっても一番多いじんましんは、アレルギー性のじんましんです。これは、特定の食品をとることによって起こるアレルギー性のじんましんや、動物などに触れることによって起こるじんましん、また、特定の薬を飲むことによって起こるじんましんなどが含まれます。花粉症などによって起こるじんましんもこれに入ります。またハチなどに刺されたりして出る場合のじんましんも、このアレルギー性のじんましんに含まれます。

まずはこのアレルギー性のじんましんが一番多く報告されていますが、そのほかにもじんましんの種類はあります。例えば温熱のじんましんといわれるものがありますが、これは体の特定の部位で体温が上がることによって起こるとされているじんましんです。

また、強い日光を受けると出るとされる日光じんましんといわれるものもあります。さらには、皮膚を強く圧迫し続けたり締め付けられたりしていると起こるじんましんがあり、これは機械性のじんましんといわれています。

例えば時計のベルトなどによる圧迫、下着のゴムなどで出るじんましんはこれに当たります。さらに心因性といわれるじんましんもあります。これは自律神経失調症の人や強いストレスを感じている人に起こるじんましんです。実に多くの種類がじんましんにはあります。

[PR]総合職採用で電力会社へ就職したい方へ(※学生以外・転職専用)



◎じんましん予防のチェックポイント>




▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2016 じんましん(蕁麻疹)@情報館 [原因・治療・対策・子供のじんましんなら] All Rights Reserved.