子供の発症ケース | じんましん(蕁麻疹)@情報館[原因・治療・対策・子供のじんましんなら]

子供のじんましん

子供の発症ケース

じんましんは年齢を選ばず見られる症状なので、もちろん子供にこの症状が出てしまうこともあります。子供がじんましんを起こすときには、やはりアレルギー性のじんましんが一番多いといわれています。赤ちゃんのころは、初めて食べさせてみた食品によってじんましんが引き起こされることがあり、これは、一時期の体調によるものなのか、特定の食品に対する拒絶反応から来るものなのか、慎重に見定める必要があります。

食品そのものに対するアレルギーであった場合には、その食品を除去した食事にするなどの配慮が必要になりますので、なにを食べたときに出たのか、繰り返して出ているか、などをきちんと観察しておくようにしましょう。

また、子供は色々なものを抵抗なくさわることが多いので、接触性のじんましんも多く見られています。犬や猫などの小動物をさわっていたり、かぶれる原因を持っている植物にさわっていたり、ということも多いので、日頃からどのような行動をしているか、できる範囲でチェックしておくようにしましょう。

じんましんは体調が悪いときに見られる症状でもありますので、風邪をひいたり熱を出しているときなど、じんましんが出やすい状態のときは気をつけるようにしましょう。食品の中で、サバやエビなど、アレルギーを起こしやすいといわれているものは、こうした風邪や体調が悪いときには取らないようにするなどしておくといいでしょう。自分では原因を特定できないことが多いですから、大人が観察してあげるようにしましょう。

◎じんましん予防のチェックポイント>





ここだけは押さえよう!じんましん予防のチェックポイント

・どんな種類がある?
じんましんは、いくつかの種類に分けられます。色々な原因があるといわれているじんましんは、これらの原因によっていくつかの症状に分かれますので、まずはこれによっていくつかの種類・・・続きを読む

・子供のじんましんと免疫力
子どもは、よく熱を出したり、はしかや水ぼうそう、おたふくかぜなど、近年は、これまでにはみられなかったりんご病や手足口病など、さまざまな病気にかかる子どもが増えて、幼稚園や保・・・続きを読む

・体質改善による治療
じんましんの中では一番症例が多いのがアレルギー性のじんましんになります。アレルギーを起こす食品や原因などが特定された場合、じんましんが起こらないようにするためにはどのよ・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2016 じんましん(蕁麻疹)@情報館 [原因・治療・対策・子供のじんましんなら] All Rights Reserved.