薬を飲めない時は | じんましん(蕁麻疹)@情報館[原因・治療・対策・子供のじんましんなら]

じんましん対策

薬を飲めない時は

じんましんになってしまっても、なかなか病院にすぐ行か れない、という場合もあるでしょう。でも、出ている症状 は痒みがあったり熱を伴ったりと実は結構苦しいものです。できれば、薬を飲める状況になるまでに、なんらかの症状 緩和のための処置をしておきたいものですね。

じんましんの場合は、痒みを伴う湿疹を引き起こしている ケースが多いので、これに対しては、冷やすことでかなり の症状を抑えることができます。氷などで患部を冷やして みると楽になると思うので試してみましょう。

ただし じんましんの中には、寒冷じんましんのように、冷やして はいけないじんましんもありますので、これが疑われる 場合や、冷やしてみても症状が改善されない場合などは、冷やすのをやめておいたほうがいいでしょう。

また、じんましんが出たら困るというようなときや、 じんましんが起きてしまうような体調不良になっている ときなどは、原因になるものをできるだけ避けておいた方が無難、という考え方もあります。例えば食品では体調が 悪いときは魚介類を食べることなどには注意が必要です。

同じ食品を食べたとしても体調が悪くなければじんましん も出ないこともありますので一度じんましんが出た食品 を徹底的に食べない、ということではなく、自分の体調 を考え合わせて気をつけるようにしましょう。同じ食品 に繰り返しじんましんが出る場合には、医師に相談し、 検査してもらうことが必要になります。

◎じんましん予防のチェックポイント>





ここだけは押さえよう!じんましん予防のチェックポイント

・どんな種類がある?
じんましんは、いくつかの種類に分けられます。色々な原因があるといわれているじんましんは、これらの原因によっていくつかの症状に分かれますので、まずはこれによっていくつかの種類・・・続きを読む

・子供のじんましんと免疫力
子どもは、よく熱を出したり、はしかや水ぼうそう、おたふくかぜなど、近年は、これまでにはみられなかったりんご病や手足口病など、さまざまな病気にかかる子どもが増えて、幼稚園や保・・・続きを読む

・体質改善による治療
じんましんの中では一番症例が多いのがアレルギー性のじんましんになります。アレルギーを起こす食品や原因などが特定された場合、じんましんが起こらないようにするためにはどのよ・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2016 じんましん(蕁麻疹)@情報館 [原因・治療・対策・子供のじんましんなら] All Rights Reserved.