漢方でじんましん治療 | じんましん(蕁麻疹)@情報館[原因・治療・対策・子供のじんましんなら]

じんましん治療法

漢方でじんましん治療

漢方薬によるじんましんの治療について、ご説明しましょう。じんましんの原因は、おもに内因性と外因性に分けられます。外因性は、植物にふれたり、虫にさされてじんましんの症状が出ることで、内因性には、アレルギー体質や精神的なストレスなどが考えられます。それによって、漢方による処方も違い、一口に漢方薬と言っても、実にさまざまな種類のものがあります。

薬局に行くと、風邪をひいたときには風邪薬を選んで、肩がこったときには肩に貼る湿布薬、目が疲れたら目薬を選んで購入します。これは、西洋医学的な発想です。漢方では、風邪の症状が出た場合に、その人の体質をよく調べて、その人に合った漢方薬を処方します。

肩がこったときには、肩こりの原因は血流のとどこおりや血の汚れ (お血=おけつ) が原因であるとされ、血流をよくして血液が浄化されるように、漢方薬を用いて体質改善をします。これが西洋医学と中国の漢方の医学の見解の相違で、治療法の根本的な違いです。

単にじんましんと言っても、慢性的なじんましんと急性のじんましんでは、処方する漢方薬も変わってきます。慢性的に症状が続くようであれば、その人の免疫力や自然治癒力が弱まっていることが考えられ、その人の体質に問題点がある可能性があります。

漢方薬では、ショウガがよく使われています。ショウガは、発汗作用を促す作用があります。昔から毒出しの薬として用いられてきました。普段、わたしたちの食生活には、香辛料として使うことが多く、中華料理の炒め物や魚のにおい消しに使っています。紅茶にしょうがを入れて飲む「しょうが紅茶」は、体内の毒素を排出するデトックス作用があり、じんましんやアトピーの体質改善にも最適です。

◎じんましん予防のチェックポイント>





ここだけは押さえよう!じんましん予防のチェックポイント

・どんな種類がある?
じんましんは、いくつかの種類に分けられます。色々な原因があるといわれているじんましんは、これらの原因によっていくつかの症状に分かれますので、まずはこれによっていくつかの種類・・・続きを読む

・子供のじんましんと免疫力
子どもは、よく熱を出したり、はしかや水ぼうそう、おたふくかぜなど、近年は、これまでにはみられなかったりんご病や手足口病など、さまざまな病気にかかる子どもが増えて、幼稚園や保・・・続きを読む

・体質改善による治療
じんましんの中では一番症例が多いのがアレルギー性のじんましんになります。アレルギーを起こす食品や原因などが特定された場合、じんましんが起こらないようにするためにはどのよ・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2010-2016 じんましん(蕁麻疹)@情報館 [原因・治療・対策・子供のじんましんなら] All Rights Reserved.